徒然好きなもの

ドラマの感想など

連続テレビ小説 おしん(219)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

おしん(田中裕子)の夫・竜三(並木史朗)が戦争に協力した責任をとって、自ら、生命を絶った。終戦の翌日のことだった。おしんがその知らせを受け、竜三と悲しみの対面をしたのは、それから2日後であった。おしんは竜三が死んだという知らせを聞く前に、竜三からの遺書を読んでいた。知らせを聞いたおしんは、「やっぱり」という気持ちになった。竜三の死に顔が安らかだったことだけが、おしんにはせめてもの慰めだった。

 

 

竜三を発見した村の人たちが荼毘に付してくれて、おしんと希望が遺骨を手に帰ってくる。竜三が発見されたのは山奥でおしんたちとはかかわりのない人たちだったけど、親切にしてくれたのは竜三の自害の意味を分かってくれて同情してくれたということだろうか。

 

今の価値観で見たらやっぱりあまり理解できないが、初子や久々登場のお清が視聴者を代弁するように、これからおしんや禎と暮らしていかなければならないのに、と言ってくれた。

 

だけど、おしんはそんな竜三が大好きだと言った。昨日は、竜三が別の人と結婚してたら別の人生があったのではと書いたけど、やっぱりこの二人はすごく想い合っていたんだなぁ。浮気のうの字もなかった竜三さん、改めてすごいです。

 

実は浩太さんのことをどう思っていたかこっそり聞いてみたかった。染子さんたちの手紙が自分の財布が目的だと分かっていた竜三さんなら結構男女の事は見抜いてたりして…ただおしんがそれ以上何とかしたいわけでもなさそうだからそのままにしてたとか。って浩太から手紙来たことあるんだから、分かるか。すごく年を取って、そんな茶飲み話も聞いてみたかったよ、竜三。

 

久々登場のお清はすっかりおばあちゃんになってたけど、おしんに手をついて謝った。今回はお清を連れてきた亀次郎兄さんがどんな風に思ったか聞きたかった。

 

お清たちが訪ねてきたのは、おしんが手紙を書いたからだと思ってたけど、竜三が実家にも遺書を送ってた説を見かけてなるほどなぁと。だから割と早いうちに来たのかな。

 

お清たちが帰ってしばらくして、仁が帰ってきた。いやまぁ仁が生きてるのは現代パート見て知ってるから、ていうか希望が禎ちゃん迎えに行こうと言ってたけど、まだ帰って来てない?! 交通機関やお金の問題でなかなか行けないのかな??

 

6月に出た対談記事。再放送で新たな視聴者がついたって分かってんなら、これから先のネタバレ展開聞くことないじゃん! しかし初見組の方もこれで堂々と読めますよー。昨日、この記事を載せようと思ったけど、お清のシーンに言及していたので今日まで我慢しました。

 

▲dマガジンで誌面もスクショしてました。ネット記事と内容は同じですが、4ページ目の左上の見どころは、ネット記事にはないような?

 

▲並樹さんにも竜三を演じていていろんな思いがあるんだなと感じました。

 

おしん」を一通り見た人にとっては、お加代様や竜三といえば、最期のシーンって感じなわけ? 「おしん同窓会」もそうだけど、ネタバレしなくても佐賀時代の話とか飯屋の事とかそれことこの二人なら東京の話とかエピソードに事欠かないんだから別にその辺の話でもいいじゃんねぇ!!

 

 

ゲゲゲの女房

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

(122)「戦争と楽園」 

絹代(竹下景子)は、近所の住人から老人クラブへの入会を勧められるが、それをきっぱり拒否する。かつて、南洋の島で事業を営んだことがある修平(風間杜夫)は、茂(向井理)の“南方へのあこがれ”に理解を示すが、絹代から「茂に移住をすすめたりしないように」と、強くたしなめられる始末。次女・喜子(松本春姫)は、茂が片腕であることを不思議がるようになり、布美枝(松下奈緒)は、娘に戦争のことを教えるかどうか迷う。

 

(123)「戦争と楽園」 

藍子(菊池和澄)は、級友の留美子から「テレビアニメの『ゲゲゲの鬼太郎』に、自分をモデルにした女の子を出してほしい」と頼まれて、困っていた。母の布美枝(松下奈緒)に、藍子は相談をもちかけてみるが「とても、茂(向井理)に相談できることではない」と言われてしまう。一方、出版社から過去の自作「敗走記」への加筆と単行本化を依頼された茂は、そこに描かれた自分の戦争体験を布美枝に語って聞かせる。

 

 

 茂の父・イトツは境港で初めて大学に行ったとか前に言ってたけど、戦前はジャワで保険会社で働いていたとも言ってました。波乱万丈。

 

保険会社というと、この前見た向田邦子ドラマの「父の詫び状」でも向田邦子さんのお父さんが保険会社の支店長だった。向田邦子さんのお父さんは高等小学校卒のたたき上げだったそうです。

 

イカルは豆腐料理を出せば、経済料理! うなぎを食べさせなさいと茂のことばっかり。原案本にもあったけど、そのせいで水木さん太ったらしいです。やっぱり強烈な人です。

 

藍子は新しい友達もできて、学校も楽しくなってきたけど、カースト上位の赤木さんという女子は、「留美子っていう女の子だして」とからかう男子よりタチ悪いお願いをしてきた。

 

今はニコニコだけど、断ったときが怖そうな子だな〜ガーン

 

一応、布美枝にも聞くけど、仕事のことは頼めないと言われる。もー、布美枝ちゃんぼんやりなんだから〜なんて私は全く思いません。藍子関連のことに母親なのに気付かないのぉ?みたいな感想よく見るけど、そんなに察しのいい人いないから。

 

喜子に茂の腕のないことを聞かれた布美枝は、怪我をしたとは話したけど、戦争の話をすべきか迷う。

 

そんな中、豊川からの依頼で「敗走記」の加筆を依頼され、布美枝にも戦争の話を聞かせる。

 

命からがら部隊に戻ってかけられた言葉は「命より大事な銃を捨てるとは何事だ」「敵前逃亡」など酷いものだった。

 

傷だらけの体で泳ぎ続け、蚊に刺されたせいでマラリアにかかり、苦しんでいたところに爆撃で左手をなくす。

 

これを朝ドラでやってたんだよねぇ。

 

楽しく明るく爽やかじゃなくていいんですよ、「ストップ ザ おはし」の朝ドラ好きです!