連続テレビ小説 おしん(180)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

雄(ゆう)の入学式に、はるばる山形から伊勢へ出てきたふじ(泉ピン子)は、入学式が終わると、すぐ山形へ帰る支度をしていた。おしん(田中裕子)や竜三(並木史朗)の重荷になるまいと、すぐに伊勢を出発する決心をしたのである。おしんは、兄の庄治からやっかい者扱いされているふじを山形へ帰すのはしのびなかったが、ふじを引き止める口実が見あたらず、胸を痛めていた。そんなとき、おしんの三度目の懐妊が発覚した。

 

 

帰り支度をしているおふじに竜三がおしんが妊娠したことを告げ、土下座してまで家にいてくれるよう頼みこむ。やっぱり竜三さんやさしーんだよなぁー。

 

畑くらいできるだろとか言ってた佐賀時代からは考えられない…いや、竜三さんはわりといつでも優しかったのよ。お清さんにも優しいしな(-_-;)

 

今回は昨日、妊娠発覚で今日出産と順調すぎた。まだ名前は発表されてないけど、男の子だし、仁だよね?! 

 

お加代様から手紙も来て、お加代様にも妊娠発覚。結婚して10年。おしんもやっと30過ぎたのかな。

 

おしんはやっぱり伊勢に来てよかったんだーって言ってるけど、それに関しては、んー…居酒屋状態になった飯屋はダメで重い箱車で行商するのはOKな浩太の基準が分からん。女性相手の商売だから?

 

男の子が生まれてめでたしめでたしだったのに、おふじが倒れて終わり。おふじがあんなに嫌な家族がいても山形に帰りたいと思うのは仕方ないというか田舎を出たことないのなら別の場所で暮らすなんて考えられないんじゃないのかな。おしんと暮らす方が幸せであったとしてもやっぱり…。

 

竜三が何かしでかして、というんじゃなくおふじかぁ~。