徒然好きなもの

ドラマの感想など

【連続テレビ小説】澪つくし(60)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

かをる(沢口靖子)は、るい(加賀まりこ)、清次(寺田農)とともに入兆へ呼ばれ、久兵衛津川雅彦)から、警察沙汰になって入兆ののれんに傷をつけ、わしの顔に泥を塗ったことにより勘当する、と言い渡される。清次は考え直すよう懇願するが、かをるは久兵衛の真意を汲み取り、感謝し涙するのだった。律子(桜田淳子)たちは喜び、外川の惣吉(川野太郎)に伝えると、惣吉はさっそく久兵衛に挨拶し、結婚の準備は着々と進んだ。

 

かをるは、るいと清次もいる前で久兵衛から勘当を言い渡された。すぐに意味を理解するかをるだが、清次はなかなか納得しない。

 

久兵衛は勘当という形でかをるを解放し、結果的に惣吉との結婚を許した。律子も英一郎も喜び、ハマも笑顔を見せた。

 

英一郎から善吉への電話でかをるの勘当を知らされたとねや惣吉もすぐに意味を理解し、喜んだ。惣吉は久兵衛と対面し、勘当はるいが言い出したことだと聞かされ、かをるを託された。るいさんがとねさんの言葉から久兵衛に意見できたんだね。

 

昭和3年5月10日、かをるの満18歳の誕生日に古川家で結納が行われた。こうなると話が早いね!

 

入兆に来た惣吉を複雑な顔で見つめる梅木の表情。切ない。

 

澪つくし」こう来たか!というような意外な展開が多いけど、無理矢理感はない。そこがすごい。あとオープニング曲のアレンジがいくつもあるのもよい。

【ネタバレ】嫁の座

2009年5月29日 フジテレビ

 

あらすじ

浅草の老舗料亭「鬼の家」。若女将の鬼島朱美(すみ)(田中好子)は、大女将であり姑でもあるたまき(野際陽子)に従い、日々忙しく働いていた。 ある日、たまきは日課のウォーキング中に転倒し病院に運ばれ、検査入院をすることになった。店のすべてを取り仕切っているたまきが不在となると、営業がままならない。 大旦那の周平(伊東四朗)と主人・龍太郎(村田雄浩)は、朱美に任せようと話すが、たまきはそれを認めず、帳簿類を税理士の木村(桐山浩一)に預けてしまった。その木村から、朱美らは店の経営状態がかなり悪いことを知らされる。 たまきが退院して家に戻ってきたところで、店の立て直しについて家族会議が開かれた。 朱美や龍太郎は、ランチを始めるなど新しい展開が必要だと前向きに提案するが、たまきはへそを曲げてしまい、最後は朱美と言い争いになってしまう。 その日の午後、長男の樹一(内田朝陽)が大学の後輩だという女性・田中智(原田夏希)を連れてきて、結婚を宣言。智は学生で、妊娠していると言う。 驚き慌てる朱美らをよそに、たまきはあっさり承諾し、智が同居することを決めてしまった。話はとんとん拍子に進み、樹一と智は入籍し、智の引っ越しも済んだ。 朱美は智に店の仕事、嫁としての務めを教えようとするが、たまきは「身重なんだから」と智をかばう。 意気投合しているたまきと智の様子にいらつく朱美の様子に龍太郎はおろおろするばかり…。

www.bsfuji.tv

何となく録画したものだけど、主要人物が作造に初子(おしん)に小浜(澪つくし)におばば(ゲゲゲの女房)と朝ドラオールスターだ。あ、朝ドラくくりするなら田中さんと村田さんは「ちゅらさん」か。

 

一時期、伊東四朗さんと野際陽子さんの夫婦役ってよく見かけたなあ。そして、こういう嫁姑バトルみたいなのをこの時代にやってたんだと思ったら、1982年にドラマ化されたものをリメイクしたそうで。通りでこの時代にしてはちょっと古くさい感じ。

 

浅草という舞台から?アニマル浜口さんがゲスト。田中好子さんと「気合いだ気合いだー!」

 

みんなが恐れる「鬼の家(おにのや)」の大女将・たまき。夫の周平は入婿で頭が上がらず、息子の龍太郎も同様。嫁の朱美(すみ)は、たまきがケガで入院したことをきっかけに「鬼の家」の経営状況が悪いことを知り、なんとか店を立て直そうとする。

 

そんな時、龍太郎と朱美の息子・樹一が大学の後輩・田中智(とも)を連れてきて結婚すると報告し、妊娠3ヶ月で家族と同居したいと言い出した。たまきと智は妙に気が合って、朱美は孤立気味。朱美の友人役で岩崎宏美さんが出てたのが珍しいような。たまきの親友の置き屋の女将が淡路恵子さん。

 

朱美が店の経営について頭を悩ませている時、周平は昔馴染みの旅役者の娘・市川駒太郎(黒谷友香さん)にのぼせあげ、龍太郎も若い頃に好きだった女中と再会していた。

 

朱美は友人から「鬼の家」で出す海苔の佃煮が美味しいから商品化したらどうかと提案された。龍太郎や板場の職人たちも賛成する。

 

そして、智が昼に座敷が空いてるのがもったいないという話を聞き、朱美はかっぽれや邦楽鑑賞会や落語会をして、「鬼の家」の弁当を出したらいいんじゃないかという提案をする。

 

たまきが難色を示すと、「おばあちゃんは古い」と智が指摘。朱美はたまきをかばって智をビンタした。たまきは黙って部屋を出て行き、自室にこもってしまった。

 

翌日、たまきが姿を消し、龍太郎や樹一が探し始めた。たまきは市川駒太郎を連れ帰ってきた。駒太郎は家族団欒に感動の涙を流した。海苔の佃煮も好評で龍太郎はたまきが反対しても商品化を進めると朱美に言った。

 

たまきが置き屋の女将と居酒屋で飲んでいると、周平、龍太郎と朱美も店に入ってきた。酔っ払ったたまきが朱美に絡んできた。朱美は店の帳簿を任せて欲しいと言うと、「そう言うのを待っていた」と後日、税理士立会のもと帳簿を引き渡された。

 

龍太郎は海苔の佃煮の商品化を進め、智は「鬼の家」のホームページを作った。たまきは大女将を退き、大女将は朱美、若女将は智が務めることになった。(終)

 

これ2009年の世界?!と思うほど、古く感じてしまった。私たち古いしきたりなんて気にしないんですという智みたいな子の方がいかにも年寄りが思う若者像っぽくて。これフジテレビでねえ…。2時間ドラマなのにサスペンスでもないホームドラマっていうのも珍しく感じました。

【ネタバレ】赤毛のアン 村岡花子訳

先日まで「アンという名の少女」という「赤毛のアン」を原作にした海外ドラマを観ていましたが、キャストもアニメのキャラクターに近く、景色も美しくて、面白く感じたところもあったものの、どうにも違和感がありました。私的にはすんなり終わらない最終回が気に入らないのもあって、原作を読むことにしました。


不朽の名作をドラマ化『アンという名の少女』予告編

恥ずかしながらアニメを見たことはあったものの、原作は読んだことがなく、「花子とアン」でおなじみの村岡花子訳を選んだのですが、購入した後で、赤毛のアンの翻訳は結構種類がありそれぞれ特徴があると知りました。

ponkotsu33.com

村岡花子さんの他に気になったのは、アニメの底本となった神山妙子さんバージョンです。kindleでお試しで少し読めたのですが、こちらも読みやすかったです。

赤毛のアン

赤毛のアン

 

元々本を読むのが好きで、会社帰りや休みの日に小説を3、4冊買っていたり、本棚もいっぱいになってきて、引っ越しもあってもう本を買うのはやめようと数年前から電子書籍を買うようにしてます。

 

だけど、漫画は電子書籍の方がサクサク読めるんじゃないかと思えるほどなんだけど、小説はホントに読めなくなった。読むのがめちゃくちゃ遅くなってしまって、「赤毛のアン」は11月1日に電子書籍で買って、26日でやっと読み終わった…はあ…。決してつまらなかったわけでもないのにね。

 

「アンという名の少女」は、きっと赤毛のアンのシリーズを好きな人が制作したんだろうと思うけど、あまりにも現代感覚を入れすぎてたし、アンが嫌われすぎ。なにかっつうと”孤児”だなんだと周りの大人や学校の同級生たちに言われてたけど、ギルバートとケンカして学校に行かない時期はあったものの、他のクラスメイトはアンの登校を待ち望んでいたし、大人だってあからさまに差別する人はいなかった。

 

ちゃんと原作を読んで知ったのは、アンの両親はどちらも教師だったということで、アンの地頭がいいのはそのせいだったんだなーと納得。

 

おしゃべりで頭はいいけど、想像で頭がいっぱいになり度々失敗をやらかすところは「はね駒」のりんみたいな感じ。りんは「赤毛のアン」も少し意識してたのかなぁ。だから、イライラする人はするんだろうね。

 

ドラマの中で原作と大きく違うのは、マシュウの生死とギルバートの父親の描写かな。ドラマではギルバートの父親の調子が悪く、ギルバートは学校に行けずに働いているという描写があったけど、原作ではマリラと若い時にケンカしてそれっきりという話をマリラがしてたくらいのものでした。

 

マシュウもドラマでは倒れたけど、助かった。あとふくらんだ袖の服を作らせた店の女主人と若い頃好き合ってたみたいな描写もあったけど、それも原作になし。マシュウはどうしてもアニメのイメージが強い。ドラマのマシュウは結構ダンディなおじ様だった。


赤毛のアン 第1話「マシュウ・カスバート驚く」

アニメも多少オリジナルストーリーも含まれているものの、ほぼ原作に忠実だと思います。特に1話はグリン・ゲイブルスに到着するまでで1本なのがすごい。

 

ドラマになくてアニメで印象的だった赤毛を緑に染めてしまった話は原作にありました。アニメは1979年なので、さすがにリアルタイムでは見たことないと思うけど、再放送でたまたま出会う話がこの緑色に染まる話が多いような…。

 

時間はかかったけど、読めてよかった。面白かったです。原作の他のシリーズもちょっと興味が湧きました。

【連続テレビ小説】澪つくし(59)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

るい(加賀まりこ)の家に籠もっているかをる(沢口靖子)の元へ律子(桜田淳子)が訪れ、かをるの潔白を説明しに惣吉(川野太郎)に会いに行ってきた、と告げる。惣吉はまだかをるを愛しているから希望を捨てるな、と言う律子の言葉に感極まるかをるだった。るいはとね(草笛光子)に会いに行き、惣吉にかをるを諦めるよう説得してくれと頼むが、とねは、あのふたりを引き離すことは出来ない、とるいの申し出を断る。

 

古川家に律子がやって来て、家には上がらず玄関先で惣吉に会って何もかも話したとかをるに告げた。「あ、もちろんあなたが純潔だということも…」っていいよ、それは!

 

元々律子がまいた種なのにかをるは目を潤ませ律子に感謝する。惣吉にだけ真実を分かってもらえればいいと言っても噂自体は世間に残り続けるというのは辛いね。そういうのって意外といつまでも人の記憶に残り続けるものだから。

 

みずえ「何もかも聞いたわ」と由岐とみずえとかをるは肩を寄せ合って静かに涙を流すのだった…ツエさんも。

 

数日後、英一郎が惣吉からの手紙を預かってきて久兵衛に渡した。この部分、セリフをナレーションで挟んでいて、ホントに”テレビ小説”だなぁ~。英一郎は、試験には落ちたそうで。

 

進学より入兆で修業というか、しないのかなぁ? 商売人は学歴を積むより番頭の小畑や梅木の下について仕事の勉強をした方がいいんでは?と思ってしまうけどな。律子みたいに勉強ができるのならともかく、英一郎はそうでもなさそうだし。

 

律子も呼んで話をする。久兵衛は英一郎を叩こうとして空振り。「四十肩や」そうだよね、久兵衛さん貫禄あるけどまだ40代なんだよなー。最初の頃に大正天皇と同じ歳と言ってたので、明治12(1879)年生まれで今、昭和3(1928)年で49歳。

 

昭和3年4月20日の新聞で、合田争議の解決を告げた。組合側の惨敗で総同盟関東醸造労働組合合田支部は壊滅した。

ja.wikipedia.org

こういうのって組合側が勝つのかとぼんやり思ってました。無知です。

 

水橋信吾は八日市場検事局にまだこう留されていた。浩太みたいに転向させられるんだろうか。

 

澪つくし」はこのくらいになってもまだロケがあるというのが新鮮に思う。まとめ撮り? 「はね駒」は序盤のお祭り以外は舞台が変わってもほとんどセットだった記憶。

 

浜辺を歩く律子を河原畑が目ざとく見つけるが、「ついてこないでください」「ひとりで歩きたいんです」「お願いですから邪魔しないで!」と散々な言われよう。

 

入院中の千代は独り蚊帳の外という感じが寂しそう。千代と話す律子が少し関西弁になるのがかわいい。

 

るいは久兵衛宛の手紙を持って吉武に行き、手紙を返す。手紙も読んでないというとねは「息子は息子、私は私です」と笑う。二人のお芝居もよかったし、とにかくとねさんが頼もしくてこんな姑ならかをるも安心! 網元というと「おしん」の神山ひささんもすごく親切なおかみさんという描写だった。

 

私は山の農村育ちで両親の実家もどちらも農家だけど、80年代の朝ドラいずれも農家の姑の描写が結構酷い…現実ではあるけど、ちょっとだけ複雑になりました。いや~でもとねさんはいい。草笛光子さんは「あぐり」のおしゃれなカフェのマダムもよかったけど、とねさんはもっといい!

 

おなじみのメンバーの他に石丸謙二郎さんや村田雄浩さんもいる! 「はね駒」の下宿人トリオ、矢島健一さんや斉藤暁さんも出ないかな。

【ネタバレ】若草物語

1964年 日本

 

あらすじ

父親が若い後妻をむかえたことから、娘の由紀、しずか、チエコは、父を気遣って大阪から家出し、結婚して東京で暮らす姉・早苗を訪ねる。早苗の世話でアパート暮らしを始めた3姉妹、由紀は幼なじみの次郎と再会して恋仲になるが…。長女・早苗に芦川いづみ、次女・由紀に浅丘ルリ子、三女・しずかに吉永小百合、四女・チエコに和泉雅子、華やかな4大女優の共演で、個性豊かな姉妹に起こるさまざまな出来事を描く青春映画。

 

吉永小百合さんの映画をいくつかBSプレミアムで放映していたものを録画していて、今日はこれにしました。

 

大阪から上京してきた姉妹。関西弁の吉永小百合さんって新鮮に感じる。四女・チエコは団結団結歌ってる工場?勤め。三女のしずかは実家の商店を手伝っているが、母を亡くして2年の父が若い後妻をもらいイチャイチャしているので見てられない。次女の由紀は周りの同僚が結婚し出した。

 

そんな3人が揃って家出し、飛行機で東京へ。オープンカーに乗った男が3人を送ってくれて結婚して3年の長女・早苗の家に押しかけた。結局、早苗が夫に頼んで3人が住める部屋を用意してくれた。

 

由紀としずかは銀座松屋で由紀はカメラ売り場、しずかは男性下着売り場で働き始めた。チエコはなかなか仕事が決まらなかったが、アルサロ?で働き始めた。

 

アルサロ…アルバイト・サロン。キャバ嬢みたいなやつ???

 

由紀の幼なじみだった次郎と偶然出会う。チエコはアルサロのボーイ・健ちゃんと仲良し。しずかはファザコンで後妻の弘子とケンカして東京にやってきた父を慰める。この辺、気味が悪い展開だ。結局、これから面倒を見てくれるのは娘ではなく妻だと早苗に説得され、大阪に帰って行った。

 

しずかは次郎が好き。次郎は由紀が好き? 由紀はオープンカーの野沢といい感じ? 別荘も持ってるし相当金持ちっぽい。野沢が日曜日にオートレースをやるので、由紀を誘う。オートレースが私が想像してるのと違って、モトクロスみたいに起伏の激しい山道をバイクが走っていた。

 

次郎は同僚の山本をしずかに紹介したせいで山本が毎日のようにしずかの職場にやって来てランニングやパンツを買って行った。

 

カメラマンの次郎がある朝、満員電車を撮影していると出勤してきたしずかを見つけた。会社を休んで次郎の仕事を手伝うしずか。えぇ〜。野沢も日曜日は休めないという由紀に「勤めなんか辞めちゃえば?」だもんね。

 

次郎と由紀の結婚が決まり(急にぃ?)、しずかは山本が下着が汚れたら捨ててるという言葉に洗濯してあげることになった。

 

野沢は由紀の2つ下で由紀はただの男友達と思っていたが、家に招待され、野沢の両親と妹の前でプロポーズされた。恋人はいないと言ってしまった由紀。野沢は恋人がいても構わないだ、ただ気持ちを伝えたいだけだと言った。

 

チエコは家でプラモデルの色塗り。内職? アフリカに輸出されるものだとか。部屋にいた健ちゃんは父親が危篤で山形に帰るという。チエコは何も餞別をあげられないからと一度ならとキスさせてあげると目をつぶる。なんじゃそら。男の発想だな〜。

 

由紀は取材に行こうとしている次郎に行っちゃイヤとワガママを言い、私と仕事どっちが大事なの?と、それ言うか?

 

しずかはしずかで山本から「まだ次郎が好きなの?」と指摘された。

 

野沢はパパが税金逃れで建てた家に由紀を呼んだ。由紀が恋人がいるという話に大荒れ。この前寛大な態度だったのにお坊ちゃんだねー。家の中のものを壊し始めた。野沢と婚約するという由紀にしずかは怒った。

 

野沢と由紀は婚約旅行(新婚旅行じゃなく婚約旅行って!)に行き、次郎は取材に行くと言う話を山本から聞いたしずかは電車に飛び乗り、次郎を追いかけた。

 

しずかを見ていて、親の決めた結婚をした早苗は別居してチエコと住もうかな?と言い出したが、結局家に帰り、チエコは一人街を歩いていた。(終)

 

昭和39年のトレンディドラマみたいな感じかな。女が仕事ほっぽり出して男を追いかける。この姉妹は姉妹だけの仕事で生活してるのに無責任だなあ。

 

上京してるものの、すっかり関西弁が抜けた(という設定)次郎以外は全編ほぼ関西弁の姉妹。しかし、東北人の私も関西弁はある程度テレビで聞き慣れているせいか(もちろんしゃべれませんが)、姉妹の関西弁がものすごーく不自然に感じてしまった。wiki見たらみんな東京出身みたいだし、なぜ大阪出身という設定にしたのか?

 

それと、お坊ちゃん野沢とカメラマン次郎がどっちも角刈り?で似てるように見えてしまって、時々見分けがつかなかった。俳優さんのことをちゃんと分かれば見分けついたんだろうけど。女優たちは美しいけど、男のためだけに生きてる女みたいな感じ。せっかく姉妹なのに、姉妹のやりとりが見たいよ。

【連続テレビ小説】澪つくし(58)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

一週間後にようやく釈放されたかをる(沢口靖子)はるい(加賀まりこ)の家に帰った。ほとぼりがさめるまで入兆から離れた方がいい、という久兵衛津川雅彦)の判断だった。かをるが捕まった話は、外川の惣吉(川野太郎)の耳にも入っていた。新聞記事になるほど騒がれ、英一郎(鷲生功)に促された律子(桜田淳子)は惣吉に、かをるは自分の身代わりで捕まったのだと説明した。るいの家には、かをるの旧友たちが訪れていた。

 

一週間経って釈放されたかをるは入兆ではなく古川家へ。喜んでいるツエさんと髪を振り乱したるい。久兵衛は、るいにも律子のことを話していなかった。

 

新聞に「某醤油屋の末娘が~云々」という記事が載ってしまい、日本刀を持った男たちが店先に現れる始末。警察が来たら大人しくなったけど、”国賊の情婦”とかよく言うわ。

 

律子は自首しようにも久兵衛に止められていた。律子が自首すれば逮捕されるし、かをるも偽証罪ということになってしまう。ひとり吉武家に行き、かをるは無実だと告げに行った律子。とねは誉めていたけど、結局、律子は責められる展開にならないからモヤモヤするんだよねぇ。

 

かをるは小浜や水橋と通じてると思ってる人は思ってるままだということを律子は分からない。惣吉とくっつくためというのなら代償が大きすぎて…。

 

かをるのところには由岐さん(帯が高い位置にあるなと思ったらお腹が大きかった)とみずえさんが遊びに来るが、友達にも真実を話さないため、水橋という恋人のために罪を犯したと思われるなんて…。

 

それに律子登場。なんだかなー、純愛のためなのかもしれないけど、周りの人を巻き込みすぎだし、傷つけすぎる。

【連続テレビ小説】澪つくし(57)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

律子(桜田淳子)に頼まれて、水橋(寺泉哲章)に金を渡しにきたかをる(沢口靖子)だったが、居合わせた警察に捕まってしまう。取り調べでも、律子(桜田淳子)の名前は出すまい、と口を閉ざしていたが、入兆の姉娘は怪しい、とかねてから疑っていた警察にいきさつを暴かれてしまう。警察は入兆を訪れて、久兵衛津川雅彦)に話を聞くが、久兵衛は警察を追い返す。しゃべらないかをるは四日たっても解放されなかった。

 

昭和3年3月15日 かをるは一番電車で飯沼観音へ向かった。

星野印刷所の上の零人舎をノックすると出てきたのは見知らぬ男で、中へ入ると水橋が取り押さえられていた。「バカ!逃げろ!」と水橋は言うが、かをるまで捕まってしまい、水橋とともに連行されてしまった。

 

ハマはかをるがいないことを久兵衛に報告。律子は何も言わない。

 

120円は知らない人に渡されたと言い、律子の名前だけは出すまいと決心したかをる。

 

警察が入兆を訪ねてきて、水橋とともにかをるも検挙されたことを話す。120円と言われてハッとする久兵衛だったが、かをるの部屋を調べたいという警察を追い返した。

 

久兵衛は律子の部屋に行き、かをるに金を届けさせたのかと尋ねた。120円をそのまま水橋に渡してたのか…沖田さん、丸損じゃない? ちょっとかわいそう。だったら河原畑に売った方がお金になったのに。

 

久兵衛がすぐに律子が裏で糸を引いていたと分かってくれてるからいいものの、あんまりかをるがかわいそうで…おしんも結構逮捕歴あるんだけど、何より強気だったから受ける印象がまるで違う。

 

報道はされなかったものの広敷でも噂で持ち切り。小浜のことも誤解だとかをるは広敷連中に言えたけど、しかし小浜が辞めさせられたことは事実だし、そのことも本当はなんかあったんじゃないの?と思われてるところにまたこれはきついよ。律子は広敷連中にほとんど関わらずにいられるけど、かをるは違うもんね。

 

るいは久兵衛に泣きつく。そりゃかえって実家にいて結婚相手見繕ってもらった方がよかったとしか思えないよ。

 

水橋は激しい拷問を受け検察庁に送られた。かをるは無事だったけど、あんなきれいな顔を殴られてはいけない。

 

そして恋のあらすじ。急に来るね。

music.apple.com

プレビューとしてちょっと歌が聞けますが、澪つくしの歌詞ありバージョンがこんな感じなのか…最終回までに買ってしまいそういで怖い。