徒然好きなもの

ドラマの感想など

【連続テレビ小説】澪つくし(152)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 

昭和十八年になり、戦局はますます悪化していた。そこにハマ(根岸季衣)がやってきて、留置場へ入れられている真鍋(なべおさみ)を出してもらえるように助けてくれ、と久兵衛津川雅彦)に頼みに来た。久兵衛は署長にかけあい、真鍋を出してやることに成功。そんな中、梅木(柴田恭兵)に、戦地でしょうゆ製造する軍属としてフィリピンへ行くよう命令が下り、かをる(沢口靖子)は必ず生きて帰ってくるよう、泣いてすがる。

月曜2話目!

 

昭和18年4月 連合艦隊司令長官山本五十六の戦死、5月 アリューシャン列島のアッツ島守備隊の全員玉砕と戦局はますます不利になっていった。

 

昭和彦は学校でジャガイモを植えたり、モッコで土運びをしたり、翌日は鉄くず集めと勉強ができない状態だった。昭和彦は今の子役とは違う棒読みっぽい子たち。双子の男の子というだけで難しいよね。

 

かをるとツエが昭和彦の世話をしていると、そこにハマが訪ねてきた。真鍋が悪質なヤミ業者として摘発され、10日も留置場に入っているので助けて欲しいと久兵衛に言ってきた。めんどくさいから梅木とハマは会わないことになっているのか!? かをるもハマと再会して複雑な表情を一切見せないけど、ハマが許しても私は梅木を許せん!!

 

久兵衛は国民服を着て警察に出向き、真鍋の子供予科練に入っているし、休暇で銚子に帰ってくるから釈放してほしいと頼んだ。署長は、久兵衛の国民服が上等なのに因縁をつけてきた。久兵衛は純毛の古い背広を染め直して仕立て直したと言った。確かに今まで見てきたドラマなどで国民服でこんなに上等なの見たことないかも!

 

「日本人がなヤミ物資買わんと暮らしてたら、みんな飢え死にするわい」という久兵衛は署長が酒好きで晩酌を欠かさないが、配給がひとつき2合なのにどうやって補給している?とやり込めた。

 

真鍋とハマはお礼にヤミ物資の一升瓶を持って来た。ヤミは受け取れないという久兵衛にるいが受け取った。ハマの息子・紀之は霞ケ浦の航空隊にいるが、挨拶に来た。大きくなって~。

 

敗色の濃い中で政府は国内態勢強化の方針を打ち出し、東条英機首相が9月ラジオで全国民に必勝の信念の高揚を訴えた。

 

「入兆」敷地内で男女ともに竹やり訓練。

 

昭和19年4月。梅木は陸軍の軍属としてフィリピンの醤油工場に派遣されることになった。梅木は「生きては帰れまい」と覚悟していた。約束が違うというかをるは、もしあなたが死んだら、私は下をかみ切って死にます!というけど、そんなことしないと今まで「澪つくし」を見てきた人なら分かるはず。かをるはそこまで情の深い人じゃないよねー。

 

梅木と共に栄二もついていくと言ってきた。こういうのって勝手に決められるのか!? 栄二みたいに若い男はそれより先に召集令状こないのかな?

 

「霊魂になっても必ずお前のそばに帰ってくる」と言って抱き合う梅木とかをる。「澪つくし」の世界なら本当に霊魂が帰ってきそう。いや~それにしても2話でぐったりです。こんなに急ぎ足でなくじっくり見たかったなあ。