森村誠一サスペンス3「路」

以前見逃していたのをやっと見ました。

 

路 (角川文庫)
Amazon(アマゾン)
501円

2003年 TBS

 
あらすじ
タクシー運転手・長尾が殺害された。世田谷西署警部補の川合(三浦友和)は、長尾の携帯電話の履歴から翻訳家・木部(冨家規政)の存在を知る。川合は木部邸を訪れるが、木部は親から譲り受けた自宅をレストラン経営者の大田夫妻に売却し、姿をくらましていた。小暮警部(野際陽子)の命令で川合は、長尾と木部の関係を洗い出す。
そんな中、川合の部下の三宅(山田純大)がその捜査情報を木部の妹・亜紀(吉本多香美)に不用意に漏らす失態を犯してしまう。亜紀にほのかな恋心を抱いていた三宅の心の隙だった。やがて、木部邸の売買に携わった不動産会社社員・志垣が死体で発見された。その後、川合は長尾の部屋に残された「釣り道具」をキーワードに、木部・長尾・志垣の3人が釣り仲間だったことを突き止める。彼らはいずれも3年前に海釣りを止めている事実も判明。そして、そのことが3年前に起きた江の島での女流画家・吉宮恵子の転落死事件に関係していると推測する。
なぜこれが見たかったかと言えば、木部が冨家規政さん、志垣が並樹史朗さんと「おしん」の親子共演だったからです。
 
木部と志垣は釣り仲間で誤って女性を車で轢いてしまった。しかし、助けることもなく逃げた。
 
木部、志垣、長尾の3人はそれ以来、釣りはやめたが、木部は他の2人にも自首を勧めている。
 
しかし、何者かに長尾、志垣が殺され、木部も?!
 
冨家さんと並樹さんは「おしん」の中では完全に親子に見えてたけど、実年齢は5,6歳しか違わないから友人でも全然おかしくないのにタメ口でしゃべってるのとか不思議な感じに見える。
 
並樹さんはスッと立った時、やっぱり背が高い。
 
他の作品でも共演経験あるのかな?