徒然好きなもの

ドラマの感想など

1988純ちゃんの応援歌-055~078

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (78)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 二次災害のおそれのため清原(浜村純)の所へ救助に向かえず、秀平(髙嶋政宏)はいらだち、1人で向かおうとするところを止める純子(山口智子)。2人で土砂崩れしそうな崖をよじ登りながら、死ぬ前に言っておく、と…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (77)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 雨は降り続け、呆然と泥だらけの秀平(髙嶋政宏)のカメラを見つめる純子(山口智子)。もも(藤山直美)は歩いてでも美山村へ行く、と大荷物を持って出ていく。あき(伊藤榮子)は久助(桂枝雀)と連絡が取れていない…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (76)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 美山村の様子がわからず、落ち着かない大阪のもも(藤山直美)たちだが、あき(伊藤榮子)はこんな時にじたばたしても仕方ない、運を天に任せるんだ、と諭す。純子(山口智子)が興園寺家で炊き出ししていると、金太郎…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (75)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 興園寺家は芝居の準備で大忙し、故郷に錦を飾る、と正太夫(笑福亭鶴瓶)は張り切るが、純子(山口智子)が雨で中止になったらいいのに、とつぶやいている。芝居が始まり、純子の出番が来たところで、突然のどしゃ降り…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (74)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 正太夫(笑福亭鶴瓶)の劇団が美山村で公演をすることになり、出かける純子(山口智子)。つや(白川由美)の所へ顔を出すと、公演の準備でごった返している。その夜には、純子のいない家に秀平(髙嶋政宏)がやって来…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (73)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 大会を目前に控え、レギュラーを外された昭(西川弘志)とレギュラーの雄太(唐沢寿明)の仲が悪く、純子(山口智子)が問いただすと昭は、雄太が見下すからだ、と話す。昭は雄太にだけは同情されたくないのだ。純ちゃ…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (72)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 純子(山口智子)は食堂をやめるため、久助(桂枝雀)に、わらべ出版で雇ってもらえないか、と相談するが、久助は、会社は赤字続きで新たに人を雇うことは出来ない、と断る。久助に、お母さんに言いたいことがあるなら…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (71)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 和歌山からもも(藤山直美)を連れ戻しに金太郎(高嶋政伸)がやってくる。金太郎は働いていて、昭(西川弘志)や雄太(唐沢寿明)と比べて大人っぽい。純子(山口智子)が店に出なくなって3日たち、ぬひ(西岡慶子)…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (70)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 出版記念パーティーで酔いつぶれた久助(桂枝雀)は純子(山口智子)の家で、昭(西川弘志)と雄太(唐沢寿明)にからんで寝てしまう。もも(藤山直美)の接客は相変わらずで、ぬひ(西岡慶子)は純子に考え直すようし…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (69)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 一日仕事してみて、この仕事は向いてない、と落ち込むもも(藤山直美)。純子(山口智子)はまだ初日だしこれから慣れる、と励ます。ぬひ(西岡慶子)は、やはりやめてもらおうと言うが、純子はそんなことを言うんだっ…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (68)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 家出してきたというもも(藤山直美)は、純子(山口智子)の店で働かせてくれ、と言う。純子は美山村で世話になっていたし、置いてあげたいと言うが、ぬひ(西岡慶子)はこの狭い店に1人増やすのは無理だ、と反対する…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (67)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 昭和二十八年六月。昭(西川弘志)と雄太(唐沢寿明)は高校3年生になっていた。純子(山口智子)がブラジャーのパットが無い、と探していると、犯人は昭と雄太だった。キャッチャーのミットに入れると具合がいいと先…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (66)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 食堂開店の前夜、夢の中で純子(山口智子)は山うな丼改良の方法を思いつく。試してみるとうまくいき、店は開店から繁盛。正太夫(笑福亭鶴瓶)が、北川からアメリカ行きに誘われたので、これから東京へ行く、とあいさ…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (65)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 純ちゃん食堂の開店が迫り、店の様子を見に、もも(藤山直美)が金太郎(新田勉)を連れて大阪に来て、昭(岩芝公治)と雄太(高岡俊広)は大喜び。純子(山口智子)が、大阪の女学校に通う静尾(押谷かおり)の妹の小…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (64)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 食堂の名前は「純ちゃん食堂」に決まり、純子(山口智子)たちが西川(北京一)に看板を書いてもらっていると、深刻な顔をした正太夫(笑福亭鶴瓶)がやってくる。正太夫は俳優になるためにアメリカに行く、と言ったも…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (63)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 和歌山から戻った純子(山口智子)は、ぬひ(西岡慶子)の店で出すメニューとして、和歌山のしいたけを使った山うな丼を提案し、早速家で昭(岩芝公治)と雄太(高岡俊広)に試食させてみるが、匂いにうなぎとだまされ…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (62)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 正太夫(笑福亭鶴瓶)は、ぬひ(西岡慶子)の店の改装にシャンデリアを付けようなどと言いだし、大工(Mr.オクレ)にも煙たがられている。純子(山口智子)は食堂で出す品物の相談で、和歌山のつや(白川由美)を訪…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (61)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 ぬひ(西岡慶子)の店の改装は正太夫(笑福亭鶴瓶)の手伝いもあり、順調に進んでいた。北川(細川俊之)は出所してつや(白川由美)の元を訪ね、本当は刑務所にいたと告白し、これからアメリカへ行くと言う。雄太(高…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (60)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 ぬひ(西岡慶子)が純子(山口智子)に商売替えのことで相談するが、純子は秀平(髙嶋政宏)のことで頭がいっぱいで、なま返事するばかり。そこに顔を出した恭子(松本友里)が、秀平から届いた電報を持って来る。電報…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (59)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 昭(岩芝公治)と雄太(高岡俊広)の野球部の練習試合で野球部のレギュラーが決まる、と昭も雄太も朝から気合いが入る。ぬひ(西岡慶子)の店での仕事中、純子(山口智子)に秀平からの手紙が届く。番地が間違っていて…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (58)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 純子(山口智子)と秀平(髙嶋政宏)が付き添って、雄太(高岡俊広)は昌代(日色ともゑ)に会いに行く。昌代は満州に置き去りにしたことを雄太に泣いて謝るが、雄太は昌代と口をきかず部屋を出る。純子が、なぜひと言…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (57)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 純子(山口智子)は雄太(高岡俊広)に、昌代と会ってきたことを話し、会いに行こうと誘うが、雄太は捨てられた、という思いが強く、会いたくないと拒絶する。翌日、大リーグのチームの通訳として来日している秀平(髙…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (56)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 純子(山口智子)は放送局を訪ね、雄太(高岡俊広)の尋ね人のはがきを出した千代について聞く。千代には事情があるようで、放送局でも詳細はわからない。千代から大阪に出るので会いたい、と連絡があり、純子は1人で…

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌 (55)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 純子(山口智子)たちが大阪へ来て1年半、寺内ぬひ(西岡慶子)の隣の家へ引っ越した。アメリカから大リーグの球団が来日し、甲子園で試合をするというが、チケットは争奪戦で手に入らない。北川から刑務所からの手紙…