徒然好きなもの

ドラマの感想など

はね駒-151~156

【連続テレビ小説】はね駒(156)(終)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 外国に留学したいという長男・弘の突然の申し出に、りん(斉藤由貴)は驚いた。源造(渡辺謙)も最初は意外だったが「広い世界を見たい」と言うのはりんと全く同じだと笑う。りんは初めて、自分を送り出した親の気持ち…

【連続テレビ小説】はね駒(155)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 明治45年(1912)7月、6年の月日が過ぎ、りん(斉藤由貴)と源造(渡辺謙)の長男・弘は中学3年生。長女・明子は小学6年生。おなかの中にいた次男・治は6歳。末っ子の春子は5歳になっていた。源造は運動用…

【連続テレビ小説】はね駒(154)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 3月、りん(斉藤由貴)は朝ごはんの支度で大忙し。やえ(樹木希林)たちが福島・二本松へ行くため、自分ですべて家事ができるよう張り切っていたのだ。そんな中、中河鶴次(矢崎滋)が再び、二本松の直助からの手紙を…

【連続テレビ小説】はね駒(153)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 年老いた徳右衛門(山内明)を連れ、東京を離れ故郷の福島・二本松へひきあげるという弘次郎(小林稔侍)とやえ(樹木希林)の突然の宣言に、りん(斉藤由貴)と源造(渡辺謙)は驚く。「若い者に余生をじゃまされない…

【連続テレビ小説】はね駒(152)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 久しぶりに訪ねてきた中河鶴次(矢崎滋)が思いがけない便りをもたらした。鶴次は、弘次郎(小林稔侍)や徳右衛門(山内明)の故郷、福島の二本松を訪れ、彼らの生家に寄り、下働きをし今も住んでいるという直助の手紙…

【連続テレビ小説】はね駒(151)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 明治39年(1906)1月、りん(斉藤由貴)はみごもっていた。「子どもが3人になっても新聞社の仕事は続けるのか?」と、やえ(樹木希林)に尋ねられるりん。年老いた祖父・徳右衛門(山内明)にはもう頼れない。…