はね駒-079~084

【連続テレビ小説】はね駒(84)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)の働く英語塾の塾長が夜逃げをしてしまう。前払いの授業料や教科書代を持ち逃げする計画的な詐欺だったのだ。りんまでもが、塾生たちや巡査から共犯者ではないかと疑われる。自分も被害者だとはいえ、…

【連続テレビ小説】はね駒(83)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 英語塾の教師になって5日目、外国人教師が風邪で休み、りん(斉藤由貴)1人でこの日も教えることになった。「これではまるで女学校だ」と塾生の青年たちにやゆされ、困惑するりん。そんななか、塾長の河井平吉(すま…

【連続テレビ小説】はね駒(82)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 今日はりん(斉藤由貴)が働くことになった英語塾の開講日。いよいよ東京での初仕事だ。張り切って塾に早く到着しすぎたりんは、ほかの塾生から同じ塾生だと勘違いされる。自分は教師だと説明すると「女性が教えるとは…

【連続テレビ小説】はね駒(81)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)は、兄・嘉助(柳沢慎吾)の紹介で英語塾を訪ねる。東北女学校の出身なら優秀だと即採用になる。一方、父・弘次郎(小林稔侍)は、材木の荷揚げという重労働で無理をして、腰を痛めてしまう。心配した…

【連続テレビ小説】はね駒(80)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)の父・弘次郎(小林稔侍)は、材木の荷揚げという重労働を始める。東京で材木屋を営む彌七(ガッツ石松)と小野寺源造(渡辺謙)の紹介だった。しかし2人は弘次郎の年齢では体力がもたないのではと心…

【連続テレビ小説】はね駒(79)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 明治29年(1896)秋、りん(斉藤由貴)たち橘一家は、東京に移り住む。小野寺源造(渡辺謙)の口利きで、浅草の寺の離れにひとまず住むことに。寺の住職は源造の叔父だった。翌日、橘家一同は源造の案内で東京見…