徒然好きなもの

ドラマの感想など

はね駒-061~066

【連続テレビ小説】はね駒(66)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)たちが被災地から東北女学校に帰り、1学期を終え夏休みに入った日。田島ぎん(白川由美)は、長年勤めた女学校を、結婚のため退職していった。幸せそうな田島先生の顔を見て、ほほえましくも少しうら…

【連続テレビ小説】はね駒(65)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)は、救護所でともに働く小野寺源造(渡辺謙)のことが頭から離れなくなっていた。もし今源造が倒れたら自分は心から悲しいと気づいたからだった。一方、必死の捜索もむなしく、中河鶴次(矢崎滋)の家…

【連続テレビ小説】はね駒(64)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 大津波の被災者のための救護所で働くりん(斉藤由貴)と小野寺源造(渡辺謙)は、中河鶴次(矢崎滋)と出会う。鶴次は、故郷・南三陸の志津川に、初めて生まれた男の子の初節句のために訪れており被災したのだった。家…

【連続テレビ小説】はね駒(63)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)たち東北女学校の救援隊は、大津波の被害を受けた海岸地帯の惨状を見て、ぼう然と立ち尽くしていた。高台の小学校に作られた臨時の救護所には多数の被災者が避難していた。そこでりんは、献身的に働く…

【連続テレビ小説】はね駒(62)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 明治29年(1896)6月15日、三陸沖に未曾有の大津波が押し寄せ甚大な被害をもたらした。りん(斉藤由貴)の働く東北女学校も救護隊を作り、現地に赴き救援活動を行うことになる。叔父・彌七(ガッツ石松)と小…

【連続テレビ小説】はね駒(61)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 明治29年(1896)6月、りん(斉藤由貴)の女学校での先生姿も板についてきた。そのころ、ベテラン教師の田島ぎん(白川由美)が結婚のため、学校をやめることに。一方、キリスト教の伝道師・中河鶴次(矢崎滋)…