はね駒-031~036

【連続テレビ小説】はね駒(36)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)は給費生の義務としての食事当番で忙しく、予習復習の時間がとれず苦労していた。疲れすぎて授業中うっかり居眠りしてしまうことも…。1学期の期末試験が終わり、りんはとうとう校長室に呼び出されてし…

【連続テレビ小説】はね駒(35)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)が、東北女学校に入学して2週間がたった。給費生のりんには、授業料や寄宿舎の費用を免除されるかわりに、食事の準備や掃除の手伝いが義務づけられていた。予習も十分に終わらないまま、食堂当番の仕…

【連続テレビ小説】はね駒(34)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 東北女学校入学式当日、りん(斉藤由貴)は、祖母・こと(丹阿弥谷津子)が織り縫ってくれたとっておきの着物に、母・やえ(樹木希林)が嫁入りの際持参した帯をしめ、期待に胸をふくらませていた。入学式はミッション…

【連続テレビ小説】はね駒(33)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 明治24年(1891)4月、仙台の東北女学校入学式前日、次々と寄宿舎に新入生が荷物を運び込んでいた。橘りん(斉藤由貴)も、給費生として入学する。寄宿舎は相部屋で、上級生下級生あわせて1部屋あたり4~5人…

【連続テレビ小説】はね駒(32)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)の父・弘次郎(小林稔侍)は娘が結婚の約束をほごにした越後屋に1人乗り込む。尋常高等小学校を卒業したら、りんを家から出すという約束だったが、数日猶予がほしいという頼みごとのためだった。とこ…

【連続テレビ小説】はね駒(31)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 橘りん(斉藤由貴)のところに仙台の東北女学校の合格通知が来る。松浪先生(沢田研二)が直接橘家に持参してくれたのだ。不合格だと思い込んでいたりんは大喜び、母・やえ(樹木希林)は、りんの頬を思いきりつねる。…