はね駒-001~006

【連続テレビ小説】はね駒(6)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)は結婚するのが嫌で、授業もうわの空。そんなりんに、大場先生(角野卓造)は、学校に残って先生の手伝いをしないかと持ちかける。しかし自分がどんな仕事をしたいのか全く見当もつかず、思い悩むりん…

【連続テレビ小説】はね駒(5)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)は、追っ手から兄・嘉助(柳沢 慎吾)をかくまう。しかし納屋に隠れている嘉助が、母・やえ(樹木希林)にいつ見つかってしまうか気が気でない。着物を用意したり、祖母・こと(丹阿弥谷津子)からお金…

【連続テレビ小説】はね駒(4)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)のいいなずけ・越後屋の長男・新之助(益岡徹)が、祖父・勘兵衛(花沢徳衛)とともにあいさつにやってきた。来年の春、新之助の父親の七回忌の法事で、親族にお披露目したいというのだ。りんの父・弘…

【連続テレビ小説】はね駒(3)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 福島県相馬での、りん(斉藤由貴)たちと祖父母との同居生活が始まった。祖父・徳右衛門(山内明)は、体がなまったと木刀をふりまわし、りんと母・やえ(樹木希林)も巻き込み大騒ぎ。しかし、父・弘次郎(小林稔侍)…

【連続テレビ小説】はね駒(2)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 りん(斉藤由貴)は、父・弘次郎(小林稔侍)が戊辰戦争の時、二本松少年隊の隊士として、薩摩や長州の軍と戦ったことを、祖父の徳右衛門(山内明)から聞く。父の兄・弦一郎は討ち死にしたが、弘次郎は生き残ってしま…

【連続テレビ小説】はね駒(1)

公式あらすじ※初見の方、ネタバレ注意 明治23年(1890)秋、橘りん(斉藤由貴)は、福島県二本松に祖父母を迎えに来た。二本松は父・弘次郎(小林稔侍)の故郷なのだ。りんは1人で、両親と住む相馬からやって来た。なぜ弘次郎が二本松へ来たがらないのか、り…